ガイ・ブラウンシュタイン セミヨン・ビシュコフ(聞き手:テリー・マーティン)

2000年から2013年までベルリン・フィルの第1コンサートマスターとして活躍したガイ・ブラウンシュタインが、ここではショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番のソリストとして登場し、圧倒的な腕前を披露しています。セミヨン・ビシュコフ指揮のこの公演では、他にストラヴィンスキーの管楽のための交響曲、シェーンベルクの表現主義音楽の古典ともえる《浄夜》が取り上げられました。インタビューでは、ジャーナリストのテリー・マーティンが聞き手を務めています。

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー