インタビュー
2012年2月2日

ガイ・ブラウンシュタイン(聞き手:アルミン・シューベルト) (16分)

日本でも注目されているラトビア生まれの新進指揮者、アンドリス・ネルソンスが客演した当演奏会では、ブラームスのヴァイオリン協奏曲が目玉です。ベルリン・フィルはこのシーズン、メンバーを協奏曲のソリストに起用していますが、ここでは第1コンサートマスターのガイ・ブラウンシュタインがソロを担当しました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第2ヴァイオリン奏者、アルミン・シューベルトです。

コンサート