F・P・ツィンマーマン(聞き手:クリストフ・シュトロイリ)

現代を代表するヴァイオリニストの一人、フランク・ペーター・ツィンマーマンがベルルナルド・ハイティンク指揮ベルリン・フィルとブラームスの協奏曲を共演しました。ソロとオーケストラが真っ向からぶつかり合う作品だけに、ここでの両者は火花を放つような激しくも美しい演奏を繰り広げています。後半は、バルトークの管弦楽のための協奏曲です。インタビューでは、ベルリン・フィルの第2ヴァイオリン奏者、クリストフ・シュトロイリが聞き手を務めています。

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー