インタビュー
2012年10月13日

アンドレア・マルコン(聞き手:アルブレヒト・マイヤー) (16分)

古楽演奏のスペシャリスト、アンドレア・マルコンがベルリン・フィル・デビューを飾りました。オール・ヴィヴァルディのプログラムで、演目はドレスデン宮廷楽団との交流から生まれた複数楽器のための協奏曲。そして、合唱作品の傑作、ソプラノとアルトの輝かしいソロを持つ《グローリア》です。当団の名手たちによるソロはもちろん、モダン・オーケストラにおけるピリオド奏法にもご注目ください。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者、アルブレヒト・マイヤーです。

コンサート