マルコンのベルリン・フィル・デビュー!ベルリン・フィルのソリストが多数登場

2012年10月13日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アンドレア・マルコン

  • アントニオ・ヴィヴァルディ
    ヴァイオリン、2本のオーボエ、2本のホルン、ティンパニ、弦楽と通奏低音のための協奏曲二長調 RV 562a (18分)

    サラ・ウィリスホルン), アンドレアス・ブーシャッツヴァイオリン), アルブレヒト・マイヤーオーボエ), マーティン・オーウェンホルン), アンドレアス・ヴィットマンオーボエ

  • アントニオ・ヴィヴァルディ
    ヴァイオリン、オーボエ、2本のリコーダー、2本のオーボエ、ファゴット、弦楽と通奏低音のための協奏曲ト短調 RV 576 (12分)

    アルブレヒト・マイヤーオーボエ), アンナ・フセクリコーダー), アンドレアス・ブーシャッツヴァイオリン), ダニエーレ・ダミアーノファゴット), ジュリア・ジェニーニリコーダー

  • アントニオ・ヴィヴァルディ
    フルート、弦楽、通奏低音のための協奏曲ト短調《夜》RV 439 (10分)

    エマニュエル・パユフルート

  • アントニオ・ヴィヴァルディ
    ヴァイオリン、チェロ、2本のオーボエ、2本のホルン、ファゴット、弦楽と通奏低音のための協奏曲ヘ長調 RV 569 (17分)

    サラ・ウィリスホルン), アンドレアス・ブーシャッツヴァイオリン), アルブレヒト・マイヤーオーボエ), アンドレアス・ヴィットマンオーボエ), マルティン・レールチェロ), マーティン・オーウェンホルン), ダニエーレ・ダミアーノファゴット

  • アントニオ・ヴィヴァルディ
    《グローリア》ニ長調 RV 589 (39分)

    リサ・ラーソンソプラノ), マリーナ・プルデンスカヤメゾソプラノ), リアス室内合唱団, デニス・コンテット合唱指揮

  • 無料映像

    インタビュー:アンドレア・マルコン(聞き手:アルブレヒト・マイヤー) (16分)

ヴァイオリンのヴィルトゥオーゾ、実験的野心に満ちた作曲家、そしてイタリアのオペラ興行主として、存命中より高い評価を得ていたヴィヴァルディですが、1716年、自作を外国にも広める機会が巡ってきます。ザクセンの選帝候フリードリヒ・アウグスト2世が、自身の宮廷楽団を引き連れてヴェネツィアを訪れ、音楽家たちの間で交流が生まれたのです。

宮廷楽団のコンサートマスターだったヨハン・ゲオルク・ピゼンデルは、ヴィヴァルディと出会った後、その作品をドレスデンをはじめ欧州中で演奏しました。その例が、ヴァイオリン、チェロ、2本のオーボエ、2本のホルン、ファゴット、弦楽と通奏低音のための協奏曲 RV 569やヴァイオリン、オーボエ、2本のリコーダー、2本のオーボエ、ファゴット、弦楽と通奏低音のための協奏曲 RV 576です。これらの作品は、ドレスデンの宮廷のために書かれたもので、コレッリの色彩豊かな合奏協奏曲を洗練させたものでした。

ヴィヴァルディは協奏曲作品で有名ですが、他の分野でも音楽的変革をもたらしています。それは1930年代後半になって知られるようになりますが、この時期それまで忘れ去られていた声楽作品の多くが、再発見されたのでした。ピエタ慈善院のために作曲され、ソプラノとアルトの輝かしいソロを持つ《グローリア》は、彼の合唱作品のなかでも傑作と呼べるものでしょう。

古楽演奏のスペシャリスト、アンドレア・マルコンが、当演奏会でベルリン・フィル・デビューを飾りました。当団の名手たちによるソロはもちろん、モダン・オーケストラにおけるピリオド奏法にもご注目ください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する