インタビュー
2009年5月28日

ジークフリート・マットゥス(聞き手:トビアス・メラー) (18分)

2006年から2009年まで、サー・サイモン・ラトルとベルリン・フィルが、ザルツブルクとエクサン=プロヴァンスの音楽祭で行ったワーグナーの《ニーベルングの指環》は歴史に刻まれるプロジェクトでした。その最終公演の直前、彼らはカタリーナ・ダライマンをブリュンヒルデ役に迎えて、《神々のたそがれ》のハイライトをベルリンで上演しました。ジークフリート・マットゥスの5人のため協奏曲では、ベルリン・フィルの木管奏者のみならず、ラトルもサプライズ出演しています。インタビューでは、ベルリン・フィル・メディア広報部長のトビアス・メラーが聞き手を務めています。

コンサート