ズービン・メータ(聞き手:トビアス・メラー)

ピアニストのマレイ・ペライアは当公演にてベルリン・フィルに11年ぶりに復帰しました。メディアは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を弾いたペライアを「輝かしい帰還」と讃えています。この他、ズービン・メータの指揮によりR・シュトラウスの「自身の家族生活のポートレート」とも呼べる家庭交響曲をお聴きください。インタビューでは、ベルリン・フィル・メディア広報部長のトビアス・メラーが聞き手を務めています。

© 2009 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー