インタビュー
2020年3月5日

ジョナサン・ケリー(聞き手:トビアス・メラー) (16分)

R・シュトラウスのオーボエ協奏曲は、モーツァルトやシューベルトの精神を取り入れて書かれた作曲家晩年の美しい作品です。サー・サイモン・ラトル指揮による演奏会では、ベルリン・フィルのソロ・オーボエ奏者、ジョナサン・ケリーが独奏を務めます。ベートーヴェンのオラトリオ《オリーヴ山上のキリスト》は、宗教的な敬虔さよりもオペラ的な表現に重きを置いた作品で、特にキリストが捕縛される場面でのドラマティックな音楽が大きな聴きものです。ベルリン・フィル・メディア広報部長のトビアス・メラーが聞き手を務めています。

コンサート