インタビュー
2019年8月23日

キリル・ペトレンコ(聞き手:ルートヴィヒ・クヴァント)日本語字幕付き (18分)

当公演をもって、キリル・ペトレンコがベルリン・フィルの新首席指揮者に就任しました。演目はベートーヴェンの交響曲第9番。歓喜に満ちた終楽章を持つ「第9」こそ、この祝祭的な場にふさわしいといえるでしょう。ベートーヴェンに先立ち、2019/20年シーズンの「アーティスト・イン・レジデンス」であるソプラノのマルリス・ペーターゼンを独唱に迎えて、ベルクの《ルル》組曲が演奏されています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第1ソロ・チェロ奏者、ルートヴィヒ・クヴァントです。

コンサート