クレイグ・アークハート(聞き手:ノア・ベンディックス=バルグリー)

新首席指揮者のキリル・ペトレンコが初めてジルベスター・コンサートを指揮しました。これまでベルリン・フィルとはドイツものやロシアものを中心に共演してきたペトレンコですが、大晦日のコンサートに選んだのはアメリカ音楽!有名なバーンスタインの《ウエスト・サイド・ストーリー》、ガーシュウィンの《パリのアメリカ人》のほか、リチャード・ロジャーズのミュージカルソングなどをスターソプラノ歌手、ディアナ・ダムラウと共演しています。インタビューの聞き手は、かつてバーンスタインのアシスタントを務めた作曲家のクレイグ・アークハートです。

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

カテゴリー

アーティスト

ノア・ベンディックス=バルグリー ヴァイオリン

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー