インタビュー
2015年9月26日

インタビュー/ギル・シャハム(聞き手:ユリア・ガルテマン) (16分)

ズービン・メータが、世紀末ウィーンと19世紀後期のフランス音楽のプログラムを指揮しました。前半は、フランツ・シュミットの《ノートルダム》抜粋、コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲。ソリストには、ギル・シャハムが登場しています。後半は、華麗な演奏効果を誇るサン・サーンスの交響曲第3番《オルガン付き》が演奏されています。メータならではの、華麗な音響世界をお楽しみください。

コンサート