インタビュー
2020年2月27日

エリナ・ガランチャ(聞き手:ユリア・ガルテマン) (15分)

当公演を指揮する予定だったヤニック・ネゼ=セガンのキャンセルにより、ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルに代役デビューを果たしました。演目はマーラーの交響曲第3番です。マーラーの交響曲の中でもっとも長いこの作品は、自然を主題にしており、世界のパノラマとでもいうべき壮大なスケールを持っています。メゾソプラノの独唱は、エリナ・ガランチャ。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのヴィオラ奏者、ユリア・ガルテマンです。

コンサート