クリストフ・ハルトマンによるヘッケルフォン紹介

R・シュトラウスの《アルプス交響曲》は、ヘッケルフォンが使われる数少ない作品の一つです。ベルリン・フィルのオーボエ奏者、クリストフ・ハルトマンがこの珍しい木管楽器について解説しています。

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー