アーティスト

ラルス・フォークト

ソロ

8歳のとき、ラルス・フォークトは音楽家になることを決意し、その世代でもっとも著名なピアニストの一人となる。2003年のザルツブルク・イースター音楽祭では、サー・サイモン・ラトル指揮のもと、ベルリン・フィルのソリストとしてベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番でデビューを飾った。2003/04年シーズンにはピアニスト・イン・レジデンスに任命され、ベルリン・フィルのメンバーと室内楽を共演した。2009年にはキリル・ペトレンコと共に、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番も共演している。

フォークトは、ここ数十年でもっとも成功したドイツのピアノ教師の一人であるカール=ハインツ・ケマーリングにピアノを師事した。リーズ国際ピアノコンクールで第2位に入賞し、ヨーロッパ、アメリカ、アジアでソロ演奏や著名なオーケストラや指揮者のパートナーとして活躍する輝かしいキャリアの基礎を築いた。バロックからルトスワフスキのピアノ協奏曲のような近現代の作品まで、幅広いレパートリーを持っている。 ラルス・フォクトはソリストとしての活動だけでなく、指揮活動にも力を注いだ。ロイヤル・ノーザン・シンフォニア、パリ室内管弦楽団の音楽監督を歴任。指揮者としては、チューリッヒ室内管弦楽団、カメラータ・ザルツブルク、ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン、シドニー交響楽団、シンガポール交響楽団、ニュージーランド交響楽団など、多くの一流オーケストラと共演している。

コンサート映像

インタビュー

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー