ラトルがショスタコーヴィチの交響曲第4番を指揮

ショスタコーヴィチの交響曲第4番は、若き作曲家が持てる力を注いで書き上げた、野心に満ちた傑作です。2009年9月に指揮したサイモン・ラトルは、この作品の多面性に光を当てています。このほか、ベルクとデッサウの作品をソプラノのアンゲラ・デノケ、ピアノのラルス・フォークトと共に取り上げました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

アンゲラ・デノケ

ラルス・フォークト

© 2009 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー