アーティスト

マウリツィオ・ポリーニ

ソロ

マウリツィオ・ポリーニとクラウディオ・アバドとの共演は伝説となっている。1970年以来、ベルリン・フィルへ定期的に客演し、ベートーヴェンやシューマン、ショパン、ブラームス、バルトーク、シェーンベルク….さらに、幾度にもわたるモーツァルトといった、ピアノ芸術史における偉大な協奏曲をすべて披露してきた。

ポリーニは印象的な経歴をもつ。1942年、ミラノの芸術一家に生まれ、故郷の音楽院でピアノと作曲、指揮を学んだ。ジュネーブとセレーニョのコンクールで成功を収めた後、1960年に18歳でワルシャワのショパン国際コンクールで優勝し、ミラノ・スカラ座におけるセルジゥ・チェリビダッケ指揮のコンサートで、ショパン「ピアノ協奏曲第1番」のソリストとしてデビューを飾った。その後、ポリーニはアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリに師事し、国際的に有名なコンサートホールで次々に演奏するという、前代未聞のキャリアを築いていった。ショパンを軸として、バッハやベートーヴェン、シューマン、ドビュッシーの作品も、重要なレパートリーとして掌中に。1993年と1994年には、ベルリンとミュンヘンで初のベートーヴェンのソナタ全曲演奏を敢行し、その後、他の都市でもこのツィクルを繰り返した。また、現代音楽にも積極的に取り組んでいる。 マウリツィオ・ポリーニは、エルンスト・フォン・シーメンス音楽賞、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ賞、ロイヤル・フィルハーモニック協会賞などを受賞している。

コンサート映像

インタビュー

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー