アバドがポリーニと共演、メインはマーラーの交響曲第10番より〈アダージョ〉

クラウディオ・アバドがベルリン・フィルの首席指揮者を退任した後、恒例となっていた5月のアバドの凱旋コンサートです。毎年趣向を凝らしたプログラミングが話題でしたが、2011年の演奏会はポリーニとの共演が目玉となりました。ベルクの《ルル》組曲(ソプラノ独唱はアンナ・プロハスカ)とマーラーの交響曲第10番は久々の取り組みとなり、円熟の表現を聴くことができます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

クラウディオ・アバド

アンナ・プロハスカ

マウリツィオ・ポリーニ

コンサート解説

© 2011 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー