8月24日まで限定 新シーズン開幕記念「12ヵ月チケット10%早割」

2003年ジルベスター・コンサートは、フランス音楽とガーシュウィン

2003年12月31日
ジルベスター・コンサート2003

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • ジョージ・ガーシュウィン
    《ストライク・アップ・ザ・バンド》序曲 (9分)

  • ガブリエル・フォーレ
    パヴァーヌ (7分)

  • ジョージ・ガーシュウィン
    3つのソング (15分)

    ペーター・マルティンピアノ), ダイアン・リーヴスヴォーカル), グレゴリー・ハッチンソンパーカッション), リューベン・ロジャースコントラバス

  • モーリス・ラヴェル
    《ラ・ヴァルス》 (12分)

  • ジョージ・ガーシュウィン
    3つのソング (24分)

    ペーター・マルティンピアノ), ダイアン・リーヴスヴォーカル), グレゴリー・ハッチンソンパーカッション), リューベン・ロジャースコントラバス

  • モーリス・ラヴェル
    《ダフニスとクロエ》第2組曲 (20分)

2003年のジルベスター・コンサートでは、フランス音楽とガーシュウィンが組み合わされています。これは、ガーシュウィンがラヴェルと出会い、作曲のレッスンを請うた逸話によるラトルならではのアイディア。ラヴェルはその申し出に、「私に習ってラヴェルをまねた作品を書くよりも、素晴らしいガーシュウィンを書き続けた方がいいのですよ」と答えたそうです。

EuroArts

© 2003 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する