サー・サイモン・ラトル

首席指揮者 (在任期間 2002-2018)

サー・サイモン・ラトルがマーラーの交響曲第6番を指揮してベルリン・フィルにデビューしたのは、1987年11月のことだった。2002年から2018年まではベルリン・フィルの首席指揮者を務め、伝統と革新の間を取り持つこのオーケストラの伝統を継続した。

ラトルは前任者のクラウディオ・アバドと同様にマーラーや新ウィーン楽派の作品を得意とし、シンフォニーコンサートだけでなく、彼が導入した一連の親しみあるプログラム「レイト・ナイト」においても、室内楽の響きの理想を研ぎ澄ました。彼はカラヤン時代に主要であったレパートリーも大切に育み、古典派やロマン派の名曲の演奏で高い評価を得ている。さらに、ベルリン・フィルのオペラ演奏の伝統を引き継ぎ、ザルツブルクでのイースター音楽祭や、2013年からのバーデン=バーデンでのオペラ公演も行った。 ラトルはまた、ベルリン・フィルのレパートリーにブリテン、エルガー、バーンスタイン、ガーシュウィンの作品を加えるなど新しい風を吹き込んだ。さらにピリオド奏法の知識を生かしたハイドンの交響曲やバッハの受難曲を演奏により、高い評価を得ている。これらの芸術活動に加えて、ラトルは就任と同時にフィルハーモニーの教育プログラムを開始し、映画『ベルリン・フィルと子どもたち』などで世界的なセンセーションを巻き起こした。 1971年、サイモン・ラトルは、ジョン・プレイヤー国際指揮者コンクールで優勝し、その後、イギリスやアメリカで活躍した。1980年から1998年まで、バーミンガム市交響楽団の指揮者として世界的な名声を得た。1994年、エリザベス2世からナイトに叙され、サーの称号を得た。2009年にはドイツ功労十字章を授与されたほか、数々の賞を受賞している。

今後のライブ配信

コンサート映像

全215件を表示

ドキュメンタリー

全15件を表示

インタビュー

全53件を表示
ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー