2014年12月31日
ジルベスター・コンサート2014

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

メナヘム・プレスラー

  • ジャン=フィリップ・ラモー
    《優雅なインドの国々》組曲 (14分)

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ピアノ協奏曲第23番イ長調 (31分)

    メナヘム・プレスラーピアノ

  • アントニン・ドヴォルザーク
    スラブ舞曲(抜粋) (8分)

  • ゾルターン・コダーイ
    《ハーリ・ヤーノシュ》組曲 (20分)

    ルイージ・ガッジェーロcimbalom

  • ヨハネス・ブラームス
    ハンガリー舞曲第1番ト短調 (5分)

  • アラム・ハチャトゥリアン
    《ガヤネー》より第8番〈レズギンカ〉 (5分)

【この演奏会は、契約の都合により日本国内ではご視聴いただけません】ピアニストのメナヘム・プレスラーは、1923年にドイツのマグデブルクで生まれました。ナチスの迫害を逃れて外国に移住した後、1955年にアメリカでピアノ三重奏団のボザール・トリオを結成。以来、半世紀以上に渡って国際的に活躍しました。ベルリン・フィルへのデビューは、2014年1月、実に90歳になってからのことでした。そのときの演目だったモーツァルトのピアノ協奏曲第17番は聴衆に大きな感動を与え、プレスラーはスタンディングオベーションで讃えられました。

2014年のジルベスター・コンサートに、プレスラーが再びフィルハーモニーの舞台に登場しました。今回弾いたのはやはりモーツァルトのピアノ協奏曲から第23番。作曲家のウィーン時代の絶頂期に書かれた作品で、モーツァルトのピアノ協奏曲の中でも最美の一曲と呼べるでしょう。サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルは、ラモー作曲のオペラ=バレ《優雅なインドの国々》組曲で公演の幕を開けます。1735年にフランスで作曲されたこのバロック作品では、ラモーを得意とするラトルならではの才気溢れる演奏が期待できるでしょう。後半のコダーイの《ハーリ・ヤーノシュ》組曲とドヴォルザークのスラブ舞曲からの抜粋では、スラブの響きに聴き手を誘います。2014年の締めくくりにふさわしい華やかなコンサートをお楽しみください。

EuroArts

© 2014 EuroArts Music International

Available on DVD and Blu-ray in our online shop

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する