2014年ジルベスター・コンサート、ソリストはプレスラー

ピアニストのメナヘム・プレスラーがベルリン・フィルにデビューしたのは、2014年1月、実に90歳になってからのことでした。2014年のジルベスター・コンサートに、プレスラーが再びフィルハーモニーの舞台に登場しました。今回弾いたのはモーツァルトのピアノ協奏曲第23番。サー・サイモン・ラトルの指揮によるラモーの《優雅なインドの国々》組曲やコダーイの《ハーリ・ヤーノシュ》組曲も躍動感あふれる演奏です。2014年の締めくくりにふさわしい華やかなコンサートをお楽しみください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

メナヘム・プレスラー

コンサート解説

© 2014 EuroArts Music International

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー