ラトルがストラヴィンスキーの《プルチネッラ》を指揮

ストラヴィンスキーのバレエ音楽《プルチネッラ》は、バロック音楽と新古典主義がもっともチャーミングに融合した一例かもしれません。サイモン・ラトル指揮のこの公演では、3人の歌手を交えた全曲版でお届けします。前半はベリオの40声と器楽のための《コーロ》で、こちらも新旧の音楽が溶け合った作品です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

ベルリン放送合唱団

© 2010 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー