コンサート

コンサート解説

ピエール・ブーレーズは指揮者として、ストラヴィンスキーの解釈において一つのスタンダードを確立しました。2010年に客演した演奏会は、二重の意味でこの作曲家へのオマージュとなっています。ストラヴィンスキーの歌劇《ナイチンゲール》を指揮したほか、前半では自作であるフルートとライブ・エレクトロニクス、2つのフルートとアンサンブルのための《…爆発-固定…》を振っていますが、これはストラヴィンスキーへの追憶として書かれた作品です。フルートのエマニュエル・パユと ソプラノのバーバラ・ハニガンがソロを務めています。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー