ラトルがガーシュウィンの《ポギーとベス》を指揮!主演はホワイトとムーア

2012年9月17日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

サー・ウィラード・ホワイト, ラトニア・ムーア

  • ジョージ・ガーシュウィン
    歌劇《ポギーとベス》(演奏会形式上演) (201分)

    サー・ウィラード・ホワイトバス・バリトン/ポーギー), アンドレア・ベイカーソプラノ/セレーナ), ハワード・ハスキンテノール/スポーティン・ライフ), ラトニア・ムーアソプラノ/ベス), ジョン・フルトンテノール/ロビンズ), レスター・リンチバリトン/クラウン), エンジェル・ブルーソプラノ/クララ), ロドニー・クラークバリトン/ジェイク), マイケル・レディングバリトン/ジム), ティチナ・ヴォーンメゾソプラノ/マリア), ケープ・タウン・オペラ・ヴォイス・オヴ・ネーションキャットフィッシュ・ロウ), アルバート・ホーン合唱指揮

  • 無料映像

    インタビュー/ラトル&ホワイト(聞き手:サラ・ウィリス) (17分)

  • 無料映像

    メイキング・オブ《ボギーとベス》 (12分)

2012年のベルリン・ムジークフェストのテーマは「アメリカ音楽」ですが、そのハイライトがガーシュウィンのオペラ《ボギーとベス》の演奏会形式上演でした。サー・サイモン・ラトルは、それまでにもガーシュウィンを頻繫に取り上げてきましたが、《ボギーとベス》の全曲を上演するのはこの時が初めて。ボギー役には、この役を得意とするサー・ウィラード・ホワイト、ベス役にはミーシャ・ブルガーゴーズマンのキャンセルを受け、ラトニア・ムーアが迎えられています。

musikfest berlinIn co-operation with the musikfest berlin 12

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する