特別キャンペーン
12ヵ月チケット購入者全員に、K・ペトレンコ指揮ベートーヴェン「第9」の特典CD/DVDをプレゼント!
注文はこちらから

バーデン=バーデン・イースター音楽祭の《マノン・レスコー》

2014年4月16日
バーデン=バーデン祝祭劇場

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

マッシモ・ジョルダーノ, エヴァ=マリア・ウェストブレーク

  • ジャコモ・プッチーニ
    《マノン・レスコー》Act I (35分)

    マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/音楽家), マッシモ・ジョルダーノテノール/レナート・デ・グリュー), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/マノン・レスコー), リャン・リーバス/ジェロンテ・デ・ラヴォワール), レスター・リンチバリトン・レスコー), ラインハルト・ドルンバス/旅籠屋の亭主、船長), ボグダン・ミハイテノール/エドモンド), アルトゥル・エスピリトゥテノール/点灯夫), クレジミル・スピチェルテノール/舞踏教師), ウィーン・フィルハーモニア合唱団, ヨハネス・カムラーバス/軍曹), ヴァルター・ツェー合唱指揮), サー・リチャード・アイル演出

  • ジャコモ・プッチーニ
    《マノン・レスコー》Act II (42分)

    マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/音楽家), マッシモ・ジョルダーノテノール/レナート・デ・グリュー), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/マノン・レスコー), リャン・リーバス/ジェロンテ・デ・ラヴォワール), レスター・リンチバリトン・レスコー), ラインハルト・ドルンバス/旅籠屋の亭主、船長), ボグダン・ミハイテノール/エドモンド), アルトゥル・エスピリトゥテノール/点灯夫), クレジミル・スピチェルテノール/舞踏教師), ウィーン・フィルハーモニア合唱団, ヨハネス・カムラーバス/軍曹), ヴァルター・ツェー合唱指揮), サー・リチャード・アイル演出

  • ジャコモ・プッチーニ
    《マノン・レスコー》Akt III (23分)

    マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/音楽家), マッシモ・ジョルダーノテノール/レナート・デ・グリュー), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/マノン・レスコー), リャン・リーバス/ジェロンテ・デ・ラヴォワール), レスター・リンチバリトン・レスコー), ラインハルト・ドルンバス/旅籠屋の亭主、船長), ボグダン・ミハイテノール/エドモンド), アルトゥル・エスピリトゥテノール/点灯夫), クレジミル・スピチェルテノール/舞踏教師), ウィーン・フィルハーモニア合唱団, ヨハネス・カムラーバス/軍曹), ヴァルター・ツェー合唱指揮), サー・リチャード・アイル演出

  • ジャコモ・プッチーニ
    《マノン・レスコー》Akt IV (29分)

    マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ/音楽家), マッシモ・ジョルダーノテノール/レナート・デ・グリュー), エヴァ=マリア・ウェストブレークソプラノ/マノン・レスコー), リャン・リーバス/ジェロンテ・デ・ラヴォワール), レスター・リンチバリトン・レスコー), ラインハルト・ドルンバス/旅籠屋の亭主、船長), ボグダン・ミハイテノール/エドモンド), アルトゥル・エスピリトゥテノール/点灯夫), クレジミル・スピチェルテノール/舞踏教師), ウィーン・フィルハーモニア合唱団, ヨハネス・カムラーバス/軍曹), ヴァルター・ツェー合唱指揮), サー・リチャード・アイル演出

  • 無料映像

    バーデン=バーデン・イースター音楽祭2014ライブ・ラウンジ (34分)

バーデン=バーデン・イースター音楽祭の《マノン・レスコー》が、デジタル・コンサートホールで中継されました。サー・サイモン・ラトルにとっては最初のプッチーニ。ベルリン・フィルがこの作曲家を演奏するのは、約25年ぶりのことでした。演出は、英国のサー・リチャード・アイルが担当しています。

プッチーニのオペラ《マノン・レスコー》は、アベ・プレヴォーの小説《騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語》を元にした作品です。真実の愛と贅沢への欲望との間を揺れ動くマノン・レスコーの生き様は、作曲家の創作意欲に火を付けました。当時35歳のプッチーニは、1893年に初演されたこの作品で、同時代の代表的なオペラ作曲家への仲間入りを果たしたのです。同じ原作を基にしたマスネによるオペラがすでに大きな成功を収めていましたが、あふれんばかりの情熱とドラマ、うっとりするようなメロディーと色彩的なオーケストレーションによって、プッチーニはその独創性を開花させました。

マノン・レスコー役を歌うのはエヴァ=マリア・ウェストブレーク。オランダ出身の彼女は、ワーグナーの《ワルキューレ》のジークリンデ役で、2005年と12年にベルリン・フィルに登場。さらに2007年と08年には、エクサン・プロヴァンスとザルツブルクでも共演し、抒情とドラマ性を兼ね備えた歌唱で評価を得ました。マノンの恋人デ・グリュー役は、ナポリ生まれのマッシモ・ジョルダーノ。現代を代表するスピント・テノールのひとりです。強力な顔ぶれによるプッチーニを、どうぞお楽しみください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する