カラヤン指揮:チャイコフスキー「交響曲第4~6番」

カラヤンは、チャイコフスキーの名手として知られ、その交響曲、とりわけ第4~6番を何度も録音しました。この1973年の映像は、その最も充実した演奏に数えられるもので、レコード録音も同時に行われています。ベルリン・フィルの充実しきった響きは、このコンビの最盛期を象徴するものです。カラヤンは、録音はほとんどワンテイクで行ったと言われていますが、この演奏でも、本当にひと息で収録したかのような緊迫感が漂っています。必見です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヘルベルト・フォン・カラヤン

コンサート解説

© 1973 Unitel

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー