ブンデスユーゲント管が客演。ヴァイオリン・ソロはテツラフ

ドイツの若手の音楽家で構成されるブンデスユーゲント管弦楽団が、ベルリン・フィルハーモニーに客演しました。2007年までベルリン・フィルのソロ・クラリネット奏者だったカール=ハインツ・シュテフェンスが指揮を担当。2014/15年シーズンの「アーティスト・イン・レジデンス」クリスティアン・テツラフをソリストに迎え、バルトークのヴァイオリン協奏曲第2番とチャイコフスキーの交響曲第4番を演奏しています。

ブンデス・ユーゲント管弦楽団

カール=ハインツ・シュテフェンス

クリスティアン・テツラフ

コンサート解説

© 2015 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー