復活祭特別キャンペーン 4月22日まですべてのチケットが10%割引!

2015年6月20日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

クリスティアン・テツラフ

  • ヨハネス・ブラームス
    ヴァイオリン協奏曲ニ長調 (45分)

    クリスティアン・テツラフヴァイオリン

  • クロード・ドビュッシー
    《映像》 (39分)

  • ジョルジェ・エネスク
    ルーマニア狂詩曲第1番イ長調 (22分)

  • 無料映像

    クリスティアン・テツラフ、アーティスト・イン・レジデンスを語る (23分)

2014/15年シーズン終盤の当演奏会では、このシーズンのアーティスト・イン・レジデンスを務めたクリスティアン・テツラフが登場しています。テツラフはソリストとして絶大な評価を得る一方で、教育活動にも力を注いでおり、1月にはベルリン・フィルのオーケストラ・アカデミー団員とその指導役を務めながら共演しました。とはいえ、サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルと共演したブラームスのヴァイオリン協奏曲が、彼のアーティスト・イン・レジデンスとしてのハイライトであることは間違いないでしょう。オーケストラと四つに組んだ堂々たる名演が展開されています。

後半は、華やかな管弦楽作品が並んでいます。ドビュッシー作曲の管弦楽のための《映像》は、イギリス、スペイン、フランスの民族音楽の旋律からインスピレーションを受けて書かれた作品。それぞれ〈ジーグ〉〈イベリア〉〈春のロンド〉の表題が付いており、考えられる限りの色彩的なオーケストレーションで聴き手を魅了します。ルーマニアの作曲家、ジョルジュ・エネスクの作品の多くも民族音楽に影響を受けており、ルーマニア狂詩曲第1番はその中でも代表作。さまざまな舞曲やジプシー音楽風のメロディなど、変化に富んだ曲想になっており、最後は熱狂的なストレッタで締めくくられます。 

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する