アーティスト・イン・レジデンス:テツラフ、ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミーと共演

2014/15年シーズンのアーティスト・イン・レジデンス、クリスティアン・テツラフが、ベルリン・フィル・オーケストラ・アカデミー団員と共演しています。モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番を弾き振りするだけでなく、シェーンベルク《浄夜》とハイドンの交響曲第80番をプルトから指揮。若い奏者を率い、室内楽演奏的なイニシアチブを見せる彼の姿に、テツラフの幅広い芸風を感じます。

ベルリン・フィル カラヤン・アカデミー

クリスティアン・テツラフ

コンサート解説

© 2015 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー