コンサート

コンサート解説

2014/15年シーズン最初のレイト・ナイトでは、エトヴェシュ指揮ベルリン・フィルの公演でソリストを務めたばかりのヴァイオリニスト、パトリシア・コパチンスカヤが再び登場しました。イギリス人のヴィオラ・ダ・カンバ奏者、ローレンス・ドレフュスと共にお送りするのが、中世と初期レネッサンスのヴァイオリンとガンバのための作品集。ビチニウムと呼ばれるこれらの親密な2声部の作品と並べて、ロシア人作曲家のガリーナ・ウストヴォリスカヤが1950年代から60年代にかけて書いたヴァイオリンソナタを演奏することで、強烈なコントラストが刻まれるでしょう。ウストヴォリスカヤはレニングラード音楽院でショスタコーヴィチに師事した作曲家としても知られています。ピアノのマルクス・ヒンターホイザーは、現在ウィーン芸術週間の芸術監督を務め、2016年からはザルツブルク音楽祭のインテンダントの就任が決まっている、異色の経歴を持つ音楽家です。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー