「レイト・ナイト」にサロネンが登場

「常に皮肉と笑いの余地がなければならない」。エサ=ペッカ・サロネンは自身の作品についてこのように述べています。今回のレイト・ナイトでは、コンポーザー・イン・レジデンスのユーモア溢れる一面を知ることができるでしょう。中世の音楽から着想を得た幻想曲《サルタート・ソブリウス》は、酔っ払った踊り子たちを想起させます。そして、《霧》における音の霧の中からは、バッハ「ヴァイオリンのためのパルティータ第3番」からプレリュードが絶えずその姿を表します。

ベルリン・フィル団員

エサ=ペッカ・サロネン

ペッカ・クーシスト

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー