「レイト・ナイト」にコパチンスカヤが登場

このレイト・ナイト・コンサートでは、パトリシア・コパチンスカヤが、ベルリン・フィル団員との共演で、シェーンベルクの《月に憑かれたピエロ》を演奏しました。ここでは彼女自身がシュプレヒゲザングを担当し、また「ピエロ」を演じます。彼女の小悪魔的な雰囲気、ワイルドさと可憐さがミックスされ、絶妙なパフォーマンスになっています。全3部の間には、シェーンベルクとウェーベルンが室内楽編成に編曲したヨハン・シュトラウスのワルツが演奏されました。

ベルリン・フィル団員

パトリシア・コパチンスカヤ

コンサート解説

© 2019 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー