コンサート

コンサート解説

ブンデスユーゲント管弦楽団が、ゼバスティアン・ヴァイグレの指揮でフィルハーモニーに客演しました。このユースオーケストラはドイツで音楽を学ぶ15〜19歳の若者で構成されており、ベルリン・フィルのメンバーの多くもかつてここでオーケストラ経験を積みました。2008年からは毎シーズン1回、フィルハーモニーに客演しています。

今回の演奏会で特別なのは、6人のソリストのうち5人がベルリン・フィルのメンバーであることでしょう。前半のシューマンの4本のホルンのためのコンツェルトシュトゥックでは、ソロ・ホルン奏者のシュテファン・ドールを始めとするホルンセクションのメンバーが若者たちと共演しています。

後半はR・シュトラウスの大曲《ドン・キホーテ》。チェロの独奏はやはりベルリン・フィルの第1ソロ奏者であるルートヴィヒ・クヴァント。ヴィオラ独奏を務めるテレサ・シュヴァムは、かつてブンデスユーゲント管で弾き、アルミーダ・カルテットの創設メンバーでもあります。若者たちの清新な演奏をお楽しみください。 

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー