第2回レイト・ナイトのテーマはカプリッチョ=コンチェルト

2016年2月20日
レイト・ナイト・コンサート

ベルリン・フィル団員
サー・サイモン・ラトル

シュテファン・ドール

  • ダリウス・ミヨー
    バレエ音楽《世界の創造》 (17分)

  • リチャード・エアーズ
    ホルンと大アンサンブルのための《NONcerto》 (26分)

    シュテファン・ドールホルン

  • イゴール・ストラヴィンスキー
    室内オーケストラのための協奏曲変ホ長調《ダンバートン・オークス》 (17分)

  • 無料映像

    シュテファン・ドール、リチャード・エアーズの《NONcerto》を語る (5分)

第2回のレイト・ナイトでは、奇想的・狂騒的な雰囲気を持つ作品が並びました。1922年、ダリウス・ミヨーはアメリカ滞在中に初めて本場のジャズに触れ、その翌年ジャズに大きく感化されたバレエ音楽をパリで作曲しました。タイトルの《世界の創造》とは、アフリカ人から見た天地創造を表しており、ブルースやスウィングなど、ジャズの雰囲気に溢れています。ミヨーの15年後、ストラヴィンスキーが作曲した室内オーケストラの協奏曲《ダンバートン・オークス》は、バッハのブランデンブルク協奏曲のオマージュとして書かれた、作曲家の新古典主義時代の名作。そして最後のリチャード・エアーズの《NONcerto》は、ユーモラスな内容を予感させます。こういった作品を得意とするラトルの才覚はもちろん、ホルン・ソロを務めるシュテファン・ドールの妙技にもご注目ください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する