シュテファン・ドール

ホルン

シュテファン・ドールは、「谷間に響く雷のような音色」(「ベルリナー・ツァイトゥング」紙)に恵まれ、著名なソリスト、室内楽奏者、ベルリン・フィルの首席ホルン奏者として、国際的なホルン界の中心的存在として活躍している。彼の超絶技巧と探求心は、多くの作曲家を刺激し、彼のための新しい作品が生み出され、ホルンの可能性があらためて探求されている。

ドールはエッセンとケルンで学び、フランクフルト歌劇場・ムゼウム管弦楽団、ニース・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団の首席ホルンを経て、1993年よりベルリン・フィルの首席ホルン奏者を務めている。国際的なソリストとして、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、スウェーデン放送交響楽団、オスロ、上海、大阪の管弦楽団、東京のNHK交響楽団などのオーケストラに出演している。これまでにクラウディオ・アバド、ダニエル・バレンボイム、ベルンハルト・ハイティンク、パーヴォ&ネーメ・ヤルヴィ、サー・サイモン・ラトル、クリスティアン・ティーレマンらと共演している。 ドールは、古典・ロマン派のホルン作品のレパートリーに加え、ヘルベルト・ヴィリ(2008)、細川俊夫(2011)、ヴォルフガング・リーム(2014)、ダイ・ボー(2015)、ハンス・エブラハムセン(2020)など、自身に献呈された多くのホルン協奏曲を初演している。彼の活動のもう一つの重点は室内楽であり、アンサンブル・ウィーン=ベルリンやベルリン・フィル八重奏団といった様々なアンサンブルでフィルハーモニーの仲間たちとだけでなく、マーク・パドモア、マウリツィオ・ポリーニ、キリル・ゲルシュタイン、コリヤ・ブラッハー、ガイ・ブラウンシュタインといった音楽家との共演もしている。ドールは、カラヤン・アカデミーで指導するほか、世界中でマスタークラスを開催している。また、ヘルシンキのシベリウス音楽院とベルリンのハンス・アイスラー音楽大学の客員教授、2015年からはロンドンの王立音楽院の客員教授を務めている。

コンサート映像

全22件を表示

ドキュメンタリー

インタビュー

全11件を表示
ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー