ベルリン・フィル12人のチェリストが奏でるブラジル風バッハとアルゼンチンタンゴ

ベルリン・フィル12人のチェリストたちがフィルハーモニーの大ホールで公演を行いました。今回彼らが披露したのは、ソプラノのアンナ・プロハスカ、さらにラウラ・フェルナンデスとダニエル・オレリャーナという2人のダンサーを迎えての南米プログラムです。ヴィラ=ロボス、ピアソラの定番レパートリーから、カルリ、サルガンの名曲までどうぞお楽しみください。

ベルリン・フィル12人のチェリストたち

アンナ・プロハスカ

コンサート解説

© 2015 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー