2016年9月24日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ダニエーレ・ガッティ

  • アルテュール・オネゲル
    交響曲第3番《典礼風》 (36分)

  • アンリ・デュティユー
    《メタボール》 (20分)

  • クロード・ドビュッシー
    《海》 (30分)

  • 無料映像

    インタビュー ダニエーレ・ガッティ(聞き手:ブリュノ・ドルプレール) (17分)

今シーズンからアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者を務めるダニエーレ・ガッティが、2年ぶりにベルリン・フィルに客演しました。今回のメインの演目はドビュッシーの交響詩《海》。1905年にパリで初演され、「管弦楽のための3つの交響的素描」の副題を持つこの作品は、ドビュッシーの最高傑作のみならず、音楽における印象派の頂点に位置づけられます。もっとも、ドビュッシー自身は、1874年にモネの絵画との関連で初めて使われた印象派という言葉が、自身の作品に用いられることには控えめな態度を取りました。自分の作品が絵画と安易に比較され、カテゴリー付けされることに対して抵抗を感じていたからでしょう。しかし、3つの楽章から成るこの交響詩は、印象派という言葉が音楽の分野にほどなく定着する上で、多大な貢献をしたのでした。

2013年に97歳で亡くなったアンリ・デュティユーもまた、ドビュッシーから大きな影響を受けたフランス人作曲家です。1964年に初演された《メタボール》は、輝かしいオーケストレーションによる一種の変奏作品ですが、作曲家自身が「例えばドビュッシーの弦楽四重奏曲のように、ある主題が最初からあるという循環的な形式をとっていません」と語るように、より自由なスタイルで生命体が変容する様を描いています。冒頭に演奏されるのは、スイスの作曲家オネゲルが1945年から46年にかけて作曲した交響曲第3番《典礼風》。詩篇のテキストと中世のレクイエムのパッセージから啓発を受けて生まれた作品で、第2次世界大戦の終結後、作曲家の内なる平和への願いが痛切に込められています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する