ホーネックとゲルネがシュトラウスとシューベルトの歌曲を共演

マンフレート・ホーネック指揮の当演奏会では、歌とドヴォルザークに焦点が置かれています。まず、ホーネック自身がコンセプトを作り、管弦楽用に編曲された歌劇《ルサルカ》からの組曲、続いてドイツのバリトン、マティアス・ゲルネによるシューベルトとR・シュトラウスのオーケストラ歌曲、そしてドヴォルザークの交響曲第8番が演奏されています。ゲルネの男性的で精悍な歌、ドヴォルザークの野趣に富んだ香豊かな音楽を、ウィーンで学んだホーネックのタクトでお聴きください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

マンフレート・ホーネック

マティアス・ゲルネ

コンサート解説

© 2016 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー