ラトルがアダムズの《もう1人のマリアの福音書》を指揮

ジョン・アダムズは、2016/17年シーズンのアーティスト・イン・レジデンスを務めました。この演奏会では、そのオラトリオ《もう1人のマリアの福音書》が演奏されています(日本語字幕付き)。「もう1人のマリア」とは、マグダラのマリアのこと。この音楽劇では、キリストの受難が、彼に最後まで付き添い、最初にその復活の証人となったと言われる彼女の視点から描かれています。台本はピーター・セラーズ。指揮はサー・サイモン・ラトルです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

コンサート解説

© 2017 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー