アーティスト

ジョン・アダムズ

指揮, 作曲

作曲家、指揮者、クリエイターとして、ジョン・アダムスはアメリカの音楽界で唯一無二の位置を占めている。《和声学》、《シェイカー・ループス》、《ショート・ライド・イン・ア・ファスト・マシーン》、ヴァイオリン協奏曲やピアノ協奏曲《悪魔は全ての名曲を手にしなければならないのか?》などの作品は定番のレパートリーとして定着しているだけでなく、今日クラシック音楽の中で最も演奏される作品となっている。

ジョン・アダムスは1947年にニューイングランドで生まれた。彼は10歳で作曲を始め、10代のうちに自身のオーケストラ作品を初演するに至った。初期にボストン交響楽団のクラリネット奏者フェリックス・ヴィスキュリアに楽器のレッスンを受けた後、シェーンベルクの弟子であるレオン・キルヒナーに作曲を学び、ハーバード大学を卒業した。 卒業後、アダムスはサンフランシスコ音楽院で10年間教鞭をとり、ニューミュージック・アンサンブルの監督を経て、サンフランシスコ交響楽団のコンポーザー・イン・レジデンスとして「New and Unusual Music」シリーズを立ち上げ、成功を収めた。その後、演出家ピーター・セラーズとの緊密なコラボレーションが始まり、《ニクソン・イン・チャイナ》、《もう一人のマリアによる福音》など、多くのオペラやオラトリオで高い評価を受けるようになった。 2016/17年のシーズンにコンポーザー・イン・レジデンスとしてベルリン・フィルと交流を深めたアダムスは、ロンドン交響楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、BBC交響楽団などの一流オーケストラやニューヨーク・メトロポリタン歌劇場などのオペラハウスに客演する人気指揮者としても知られている。数々の賞を受賞していることに加え、イェール大学、ハーバード大学をはじめ、ノースウェスタン大学、ジュリアード音楽院、ケンブリッジ大学から名誉博士号を授与されています。1993年にはヴァイオリン協奏曲でグロマイヤー賞を受賞した。2001年9月11日の同時多発テロを追悼してニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団から委嘱された合唱作品《魂の転生》は、2003年にピューリッツァー賞を受賞した。

コンサート映像

全9件を表示

ドキュメンタリー

インタビュー

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー