ラトルがハイドンのオラトリオ《四季》を指揮

「ハイドンほど内面的に深く共感する作曲家はあまりいない。それは一目惚れのようなものだった」とサイモン・ラトルはハイドンへの愛情をこう語っています。この公演ではオラトリオ《四季》を、エルツェ、エインズリー、クヴァストホフという卓越したソリスト陣と共に披露しました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

クリスティアーネ・エルツェ

ジョン・マーク・エインズリー

トーマス・クヴァストホフ

© 2009 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー