8月24日まで限定 新シーズン開幕記念「12ヵ月チケット10%早割」

この演奏会は、契約の都合によりアーカイブへのアップはありません

2018年6月24日
ヴァルトビューネ・コンサート2018

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

マグダレーナ・コジェナー

  • ジョージ・ガーシュウィン
    キューバ序曲 (11分)

  • ガブリエル・フォーレ
    《パヴァーヌ》 (7分)

  • ジョゼフ・カントルーブ
    《オーヴェルニュの歌》(抜粋) (26分)

    マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ

  • アラム・ハチャトゥリアン
    《ガイーヌ》第3組曲より第2曲〈クルドの若者たちの踊り〉 (4分)

  • アラム・ハチャトゥリアン
    《ガイーヌ》第1組曲より第7曲〈ガイーヌのアダージョ〉 (5分)

  • アラム・ハチャトゥリアン
    《ガイーヌ》第1組曲より第8曲〈レズギンカ〉 (3分)

  • オットリーノ・レスピーギ
    《ローマの松》 (23分)

  • クラウディオ・モンテヴェルディ
    マドリガル〈苦しみは甘く〉 (6分)

    マグダレーナ・コジェナーメゾソプラノ

  • エドワード・エルガー
    《威風堂々》第1番 (7分)

  • ジョン・フィリップ・スーザ
    《自由の鐘》 (3分)

  • パウル・リンケ
    《ベルリンの風》 (5分)

【この映像は、契約の都合により日本でのアーカイブへのアップはありません】サー・サイモン・ラトルのベルリン・フィル首席指揮者としての最後の演奏会は、恒例のヴァルトビューネ・コンサートです。フォーレ、ハチャトゥリアン、ガーシュウィン、レスピーギという楽しいプログラムに加え、夫人のメゾソプラノ、マグダレーナ・コジェナーがカントルーブの「オーヴェルニュの歌」を歌っています。楽しさ、軽やかさのなかに、別れの悲しみが少しだけ顔を出す、ラトルならではの心を打つプログラム。グッドバイ・サイモン!感謝を込めて…。

EuroArts

© 2018 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する