クリスティアン・ヤルヴィがメシアンとチャイコフスキーの演目でベルリン・フィルにデビュー

2012年10月20日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クリスティアン・ヤルヴィ

  • カール・ニールセン
    狂詩曲風序曲《フェロー諸島への幻視旅行》 (10分)

  • オリヴィエ・メシアン
    《キリストの昇天》 (32分)

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    交響曲第4番へ短調 (47分)

  • 無料映像

    クリスティアン・ヤルヴィ(聞き手:フィリップ・ボーネン) (15分)

当コンサートは、チョン・ミョンフンの指揮で予定されていましたが、家庭の事情からキャンセルとなり、代わりに若手指揮者クリスティアン・ヤルヴィが登場しました。クリスティアン・ヤルヴィはエストニアの指揮者一家の出身。父ネーメ、兄のパーヴォと共に、その活躍が注目されています。2011/12年シーズン、フィルハーモニーでユンゲ・ドイッチェ・フィルハーモニーを指揮していますが、ベルリン・フィルへは今回がデビュー公演となりました。

プログラムは、ワーグナーからニールセンの狂詩曲風序曲《フェロー諸島への幻視旅行》に変更された他は予定通りです。オリヴィエ・メシアンの《キリストの昇天》は、1932年から33年にかけて書かれたメシアンの初期のオーケストラ作品で、印象派の影響のもとにあります。メシアンは、宗教的な主題によるこの作品を後にオルガン用にも編曲していますが、ここではフランス人作曲家に特有の、感覚的な音響が耳を奪います。

メシアンが神との精神的な結び付きを音楽創造の源としたならば、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーは、内面の不安を作曲の原動力としました。運命の冷酷さを示す猛々しいファンファーレで始まる第4交響曲は、それを典型的に表現しているでしょう。幸福を求める人間の徒労にも似た努力こそが、チャイコフスキーにとってのテーマだったのです。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第7番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する