ブンデスユーゲント管弦楽団がフィルハーモニーに客演、テーマは東洋と西洋の出会い

ドイツ・ユース・オケの代表的存在であるブンデス・ユーゲント管がフィルハーモニーに客演しました。この演奏会では、多様化するドイツ社会の様相を反映して、サイグン、オハナ、ファリャなど北アフリカ、中東、トルコを意識した作品を取り上げているのが特徴です。若者の清新な情熱溢れる演奏ぜひお聴きください。

ブンデスユーゲント管弦楽団

ハワード・グリフィス

コンサート解説

© 2013 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー