2018年9月9日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ジョージ・ベンジャミン

コールヴェルク・ルール, セドリック・ティベルギアン

  • ピエール・ブーレーズ
    16人の独唱と24楽器のための《カミングズは詩人である》 (14分)

    コールヴェルク・ルール

  • モーリス・ラヴェル
    左手のためのピアノ協奏曲 (29分)

    セドリック・ティベルギアンピアノ

  • ジェルジ・リゲティ
    12人の女声と管弦楽のための《時計と雲》 (17分)

    コールヴェルク・ルール

  • ジョージ・ベンジャミン
    管弦楽のための《パリンプセスト》 (23分)

  • 無料映像

    ジョージ・ベンジャミン(聞き手:ジョナサン・ケリー) (18分)

2018/19年シーズンのコンポーザー・イン・レジデンス、ジョージ・ベンジャミンがベルリン・フィルにデビューしました。ベンジャミンは、イギリスを代表する作曲家で、当演奏会では、ブーレーズ、ラヴェル、リゲティの作品と共に自作《パリンプセスト》を指揮。彼は10代後半の頃、パリ音楽院で学び、メシアンやブーレーズをはじめとする当時のフランス人作曲家の影響を強く受けました。今回のプログラムもそれを反映したものといえます。ラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」では、フランスのセドリック・ティベルギアンが登場。こちらもベルリン・フィル・デビューとなりました。

ブーレーズの《カミングズは詩人である》の作品名は、ある偶然から生まれたものです。ブーレーズがコンサートプロモーターから作品名を尋ねられた際、 彼は「タイトルはまだ決まっていないが、カミングズの詩を選んだ」と答えましたが、ドイツ語が不正確だったこともあって、「カミングズは詩人である」と間違って受け取られたのでした。この偶然を面白いと思ったブーレーズにより、そのままタイトルに用いられることになります。

ベンジャミンの《パリンプセスト》はブーレーズの75歳の誕生日に合わせて書かれた作品。題名は「何度も文字を上書きした古い羊皮紙」を意味し、「この2部から成る作品では、さまざまな音楽の層が相互に重なり合っている」と作曲家は説明しています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する