ヤングがメシアンの《トゥーランガリラ交響曲》を指揮

Olivier Messiaen’s monumental Turangalîla Symphony is a paean to joy and love in all their facets, inspired by the Tristan legend. Messiaen creates his magical soundscapes with an unusual orchestra that includes an imposing percussion section, electronic sounds and a highly virtuosic piano part, interpreted here by Cédric Tiberghien. The Berliner Philharmoniker will be conducted by Simone Young.

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

シモーネ・ヤング

セドリック・ティベルギアン

シンシア・ミラー

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー