コンサート

コンサート解説

今年のベルリン・ムジークフェストでは、没後150周年を迎えた作曲家ベルリオーズがテーマの柱。この機会にダニエル・ハーディングが劇的交響曲《ロメオとジュリエット》を指揮しました。交響曲とカンタータの間に位置するこの大作は、ドラマティックで、斬新な着想にも事欠きませんが、コンサートで演奏される機会は稀です。ベルリン・フィルでは2003年以来となるこの作品の上演で、ハーディングは3人の国際的なソリスト、ベルリン放送合唱団と共に感銘深い成果を披露しました。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー