ハーディングがベルリオーズの《ロメオとジュリエット》を指揮

2019年9月14日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ダニエル・ハーディング

ケイト・リンジー, アンドリュー・ステイプルズ, シェン・ヤン, ベルリン放送合唱団

  • エクトル・ベルリオーズ
    劇的交響曲《ロメオとジュリエット》 (106分)

    ケイト・リンジーメゾソプラノ), アンドリュー・ステイプルズテノール), シェン・ヤンバスバリトン), ベルリン放送合唱団, ギース・レーンナールス合唱指揮

  • 無料映像

    ダニエル・ハーディング(聞き手:サラ・ウィリス) (23分)

今年のベルリン・ムジークフェストでは、没後150周年を迎えた作曲家ベルリオーズがテーマの柱。この機会にダニエル・ハーディングが劇的交響曲《ロメオとジュリエット》を指揮しました。交響曲とカンタータの間に位置するこの大作は、ドラマティックで、斬新な着想にも事欠きませんが、コンサートで演奏される機会は稀です。ベルリン・フィルでは2003年以来となるこの作品の上演で、ハーディングは3人の国際的なソリスト、ベルリン放送合唱団と共に感銘深い成果を披露しました。

musikfest berlinIn co-operation with Berliner Festspiele/Musikfest Berlin

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する