2019年10月5日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アダム・フィッシャー

ユリア・レージネヴァ

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    交響曲第36番ハ長調《リンツ》 (35分)

  • ヨーゼフ・ハイドン
    ソプラノと管弦楽のためのカンタータ《ベレニーチェ、何しているの》 (15分)

    ユリア・レージネヴァソプラノ

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ソプラノとピアノのオブリガート、管弦楽のためのレチタティーヴォとアリア《どうしてあなたを忘れられよう》 (12分)

    アダム・フィッシャー, ユリア・レージネヴァソプラノ

  • ヨーゼフ・ハイドン
    交響曲第104番ニ長調 (32分)

  • 無料映像

    アダム・フィッシャー(聞き手:クリストフ・ハルトマン) (19分)

アダム・フィッシャーはワーグナーのオペラを積極的に取り上げる一方、古典派の音楽を得意とすることで知られます。今回の客演で指揮したのは、ウィーン古典派の代名詞であるハイドンとモーツァルトを特集したプログラム。モーツァルトの《リンツ》、ハイドンの第104番という2つの交響曲の間には、ソプラノのユリア・レージネヴァが華麗な演奏会用アリアを歌います。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する