バーデン=バーデン・イースター音楽祭でラトルとガランチャが共演

2018年3月25日
バーデン=バーデン・イースター音楽祭

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

エリナ・ガランチャ

  • リヒャルト・シュトラウス
    《ドン・ファン》 (18分)

  • アルバン・ベルク
    7つの初期の歌 (16分)

    エリナ・ガランチャメゾソプラノ

  • モーリス・ラヴェル
    《シェヘラザード》 (18分)

    エリナ・ガランチャメゾソプラノ

  • イゴール・ストラヴィンスキー
    《ペトルーシュカ》(1947年改訂版) (38分)

バーデン=バーデン・イースター音楽祭2018から、サー・サイモン・ラトルの演奏会をお届けします。プログラムは、R・シュトラウスの《ドン・ファン》と、ストラヴィンスキーの《ペトルーシュカ》。オーケストラの演奏能力とリズム感覚、豊かな音響が生きるフェスティバルにふさわしい演目です。一方、ベルクの「7つの初期の歌」、ラヴェルの《シェヘラザード》で独唱を聴かせるのは、メゾの女王エリナ・ガランチャ。世紀末ウィーンとパリの濃厚な雰囲気を、官能的な声に乗せて歌います。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第7番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する