アダム・フィッシャーがモーツァルトとハイドンを指揮

アダム・フィッシャーは、ウィーン古典派の音楽に精通した指揮者です。今回の客演では、まずモーツァルトの快活な交響曲第33番と、後のレクイエムの伏線となるニ短調のキリエを指揮しました。ハイドンから選ばれたのは合唱と管弦楽のための《嵐》と交響曲第103番《太鼓連打》。後者は、意表を突く冒頭のティンパニの連打からこの副題が付けられました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

アダム・フィッシャー

ベルリン放送合唱団

© 2021 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー